台東区商店街連合会オフィシャルサイト

沿革


雷門田原商店会は、東京メトロ田原町駅から浅草国際通りを北に向かう約200mの通り会で、雷門1丁目に位置している。
昭和35年、「田原町商店会」として13店舗で発足し、ただちにアーケード建設に取組んだ。その後、昭和50年「浅草雷門田原商店会」と改称。会員数も23店舗に増え、新アーケードも完成した。
その後、平成17年、待望久しかったつくばエクスプレスが開業し、期待したとおり浅草国際通りの来街者は年々増加している。
また、つくばエクスプレス開業に向けて実施した東京都のシンボルロード計画によって、一部アーケード撤去、カラー舗装、街路灯のリフレッシュ等のリニューアルを行った結果、厚いおもてなしの心のこもる指折りのプロムナードとして評価されている。

事業内容

●台東区共通商品券事業参加
●「ビートフェスティバル」参加
●平成20年度道路修景事業計画検討